美容好きがクセになった!こんなエステあんなエステ

エステサロンで受けることのできる豊胸術には、マッサージや光、電流を利用したものがあります。
あとで読む

エステサロンで受ける豊胸術の種類

女性にとって胸が小さいというのは大きなコンプレックスです。
顔や肌に関する美容だけでなくトータルで美しくありたいと思う女性は、必要と感じればバストアップにも感心を寄せるようですね。
そしてその需要に応え、エステサロンでもバストアップがメニューに加えられています。
一般に「豊胸」と聞くと脂肪・ヒアルロン酸の注入やバッグを挿入する豊胸手術を思い浮かべるかもしれませんが、それらは医療行為に当たるため行えるのはクリニックのみとなります。
エステサロンで受けることのできる豊胸術では、外科手術はもちろん、注射もできませんから、マッサージやある種の機材を使って自然な形でバストアップを目指します。
一言で「豊胸術」と言っても、それぞれ胸の状態でその方法は異なります。
例えば痩せていて脂肪がなくそのために胸が小さい人の場合は脂肪を増やす必要があります。
逆に元々ふくよかで脂肪のある人なら胸の周辺にある脂肪を寄せてバストアップが図れます。
また単に胸が大きければ良いというわけではなく、その形も重要ですから、バストにハリを持たせるなど、それぞれの目的に合わせたコースが用意されています。
エステサロンで受ける豊胸術の主要なものは、やはりマッサージになります。
マッサージによって血行を良くし、胸にハリを持たせると共に、乳腺を刺激することで女性ホルモンの分泌を活発化させます。
更にはローラーを利用して脇や背中にある脂肪を胸へと寄せるマッサージ法もあります。
特殊な光を利用したバストアップ法も開発され、話題になっています。
例えば波長の長い特殊な光を当てる「FBS光照射」は、それによってその光が脂肪細胞に吸収され、細胞が膨らみます。
更に脂肪周辺の液浸透圧は下がるので、リンパ管から液が補充され全体としてバストがボリュームアップするという仕組みです。
あるいはLEDを照射することでコラーゲンやヒアルロン酸の生成を促し、胸にボリュームとハリを与える方法もあります。
微小な電流を流すことでバストアップを図る方法もあります。
例えば「EMS」は大胸筋と背筋をアップさせることを目的として低周波の電流を流す施術方法です。
大胸筋は胸を支えている筋肉ですから、この筋力を鍛えることで全体としてバストアップに繋がりますし、バストが持ち上がってボリュームがでます。
更に背筋を鍛えることで姿勢を良くし、胸がきちんと強調される姿勢に矯正することができます。
あるいは「マイクロカレント」という微小な高周波の電流を流す施術では、電流が乳腺に働きかけて女性ホルモンの分泌を活発化させ、また肌を引き締めてバストにハリを持たせることができます。

Copyright (C)2017美容好きがクセになった!こんなエステあんなエステ.All rights reserved.