美容好きがクセになった!こんなエステあんなエステ

エステサロンで受けられる永久脱毛には「光脱毛」と「針脱毛」があります。これらの特徴とレーザー脱毛との違いについても説明します。
あとで読む

エステサロンで受ける永久脱毛の種類

低価格化してきたこともあって、多くの女性の間で普及するようになった美容の一つが、「永久脱毛」です。
一番需要が高いのが脇の下ですが、その他にも脚のすねや腕、顔の産毛なども脱毛メニューに含まれており、常に一定の人気があるようです。
また男性でも髭や濃すぎる体毛を減らすためにエステサロンで脱毛する人が増えています。
一度処理してしまえば後は面倒な作業から開放されますし、自己処理による肌荒れなども回避できるのがメリットです。
脱毛エステで受けられる施術には、「光脱毛」と「針脱毛」があります。
永久脱毛の代名詞のようになっている「レーザー脱毛」は医療行為にあたるため、エステサロンで施術することはできず、医療機関のみの取り扱いとなります。
レーザー脱毛について少しだけ触れておきますと、特定の色にだけ反応するというレーザー光線の性質を活かし、メラニン色素の茶色や黒に反応するレーザーを利用して毛乳頭、毛母細胞を焼き切るというのがその原理。
ただしこのレーザー光線は出力が高く医療行為と見なされているため、エステサロンでは施術できないというわけです。
その代わりにエステサロンで利用されているのは光脱毛。
「フラッシュ脱毛」や「プラズマ脱毛」「IPL脱毛」といった脱毛方法もありますが、呼び方が違うだけで内容は同じです。
レーザーよりずっと出力の低い光にフィルターをかけ、メラニン色素の色に反応する波長だけを取り出して毛乳頭、毛母細胞を破壊します。
つまりレーザー脱毛と比べると出力が低いだけで仕組みは同じなんですね。
ただし出力が低いということはそれだけ一回の脱毛量が少なくなるということなので、通う回数は多くなりかかる期間もそれだけ長くなるでしょう。
ただし痛みが少ないというメリットもあります。
レーザー脱毛と光脱毛が主流となった今、あまり聞かれなくなった「針脱毛」ですが、そもそも脱毛の始まりはこの針脱毛です。
毛穴一つ一つに針を刺し、電気を流して毛母細胞、毛乳頭を破壊します。
一つ一つ処理していくため大変時間がかかりますが、その分確実に脱毛していくことができます。
しかしこの針脱毛は施術の際に非常な痛みを感じること、また火傷や色素沈着を起こしやすいというデメリットがあるため、レーザーや光を利用した脱毛法が確立された今、こちらの方が主流となったわけです。
しかし未だにこの針脱毛を取り扱っているところがあるのは、レーザーや光脱毛と比べると確実であること、レーザーや光では処理しにくい部分もきちんと処理できることが理由となっているようです。

Copyright (C)2017美容好きがクセになった!こんなエステあんなエステ.All rights reserved.