美容好きがクセになった!こんなエステあんなエステ

エステサロンで受けられる施術には、フェイシャルエステ、痩身エステ、脱毛、豊胸などがあります。
あとで読む

エステサロンで受けられる施術の種類

エステサロンの発祥はフランスとの説が有力ですが、これが日本にも入ってきたのは明治の頃だったと言います。
当時は「エステ」と言う言葉は勿論なくて、「美顔術」と呼ばれていました。
「美顔術」と聞くとフェイシャルケアしかなかったのかと思いますが、マッサージや脱毛などの施術も施されていたようです。
今では更に知識と技術が大幅に進歩して、更に幾種類もの美容に関係した施術を受けることができるようになりました。
それで現代における代表的なエステの種類について挙げてみたいと思います。
「フェイシャルケア」は顔全体に関係した美容術全てを指しますが、特に若い頃の肌の美しさを取り戻したい、あるいは肌の老化を抑えたい人たちが受ける「若返り術」は「アンチエイジング」として広く知られるようになりました。
フェイシャルケアあるいはアンチエイジングは、主にシミやシワ、たるみなど特に気になる部分を除去するものと、肌のターンオーバーを促進させることで肌の老化や肌荒れを防ごうとするものとがあります。
フォトフェイシャルやリフティングは前者の部類、ケミカルピーリングやイオン導入などは後者の部類に分類できるでしょう。
エステと聞いてすぐに思いつくものとして、「痩身エステ」も挙げられるでしょう。
ダイエットしたい女性がスリムボディを手に入れるために受ける施術です。
マッサージは痩身エステの基本ですが、例えばリンパの流れに沿ってマッサージすることでむくみを取る「リンパドレナージュ」や骨盤の歪みを直すことでむくみや冷えを改善する「骨盤矯正トリートメント」など、同じマッサージにも沢山の種類があります。
その他に「ラジオ波」「セルライトケア」「ゲルマニウム温浴」など様々なアプローチの方法があります。
最近では「脱毛」もエステで受ける人が増えています。
特に需要の高い脇脱毛は、顧客獲得の為に激安で提供しているエステサロンが少なくありません。
脱毛の種類としては、エステサロンの場合大抵「光脱毛」になりますが、呼び方は「フラッシュ脱毛」「プラズマ脱毛」「IPL脱毛」とサロンによってバラバラです。
その他に、今でも「針脱毛」を取り扱っているサロンもあるようです。
更に「豊胸術」もエステの一つに挙げられます。
エステサロンは医療機関ではありませんから医療行為にあたる豊胸術を施すことはできませんが、マッサージや光を使った豊胸術で自然なかたちでバストアップが望めます。
更には髪のケアを行う「ヘッドスパ」、手足の爪の手入れに特化した「ネイル」などもエステサロンで受けられる施術の一つです。

Copyright (C)2017美容好きがクセになった!こんなエステあんなエステ.All rights reserved.