美容好きがクセになった!こんなエステあんなエステ

ブライダルエステとは結婚式に向けて顔やボディ全体を最高の状態に持っていく美容術全体を指します。フェイシャルエステやボディエステ、シェービング、ネイルケアなどが含まれます。
あとで読む

ブライダルエステで受ける施術内容

女性が憧れの「お姫様」になれる、最高の瞬間が、結婚式。
最高のドレスやメイクで演出するのは勿論のこと、その土台となる「自分」のお手入れも欠かせません。
そこで最近ではウェディングに備えて「ブライダルエステ」が一般的になってきました。
「ブライダルエステ」とは特定の美容術のことではなく、ウェディングドレスを着る結婚式に備えて必要な様々な美容ケアを受けることです。
メインとなる顔は勿論のこと、ウェディングドレスは露出の高いドレスでもあるので、肌が露出する部分を特に重点的にケアしていきます。
まず肝心の顔、つまり「ブライダルフェイシャル」ですが、これには顔からデコルテまでのケアを指します。
クレンジングで毛穴の汚れを落とし、トリートメントで血流とリンパの流れをスムーズにします。
更に保湿や美白に効くパックなどで肌の調子を整え、美肌と小顔を目指します。
これによりメイクのノリも良くなり、すっきりとしたフェイスラインになります。
「ブライダルボディ」には、痩身や脱毛、ボディのクレンジングなどが挙げられます。
ウェディングドレスは背中や二の腕、脇などが露出しますし、全体に体にピッタリとフィットしてボディラインが強調されますから、これらのケアが必要です。
例えばマッサージとトリートメントで二の腕とウェストをキュッと引き締め、古い角質を取り除いて美白ケアをしてもらうことにより、すべすべの背中と二の腕にします。
ミニのドレスを着る場合にはフットトリートメントで美脚も目指します。
勿論脇の下のムダ毛処理も欠かせません。
更に体表面の産毛を剃って肌のトーンをワンランク明るく見せる「シェービング」も、ブライダルエステのメニューに含まれます。
ふわふわの泡に包まれながら、剃刀で産毛を優しく剃ってもらいます。
このとき古い角質も取れるので、剃り終わったボディは全体に明るくすべすべの肌になっているというわけです。
結婚式の際には、指先のケアも怠ってはなりません。
何といっても指輪交換では手元が注目の的になってしまいます。
そこでブライダルエステでは「ブライダルネイル」も受けることができます。
まず基本となるのはハンドケアとネイルケア。
手から肘下をマッサージやパックで整え、しなやかでしっとりとした手に仕上げ、更に爪の甘皮を処理し形や長さを整えます。
それから好みの爪に仕上げてもらうことができますが、例えば自爪にマニキュアを塗ってもらう「カラーリング」や自爪の上にアクリル樹脂の人口爪をつける「スカルプチュア」、自爪を活かしながらもマニキュアだけでは得られない美しい爪を演出できる「ジェルネイル」など、様々な種類から選ぶことができます。

Copyright (C)2017美容好きがクセになった!こんなエステあんなエステ.All rights reserved.